前へ
次へ

自宅で インターネットを閉じて 教育を受ける

学校の授業が退屈な子もいれば楽しみで仕方がないと考えている子もいます。みんなが楽しいと考えているなら先生は 教育を提供し やすいでしょう。実際は子供達からすれば退屈と考えているケースが多いのかもしれません。子供が退屈に思っているのが分かっていながらも授業を進めるしかないでしょう。学校に通学できる時はいいですが、事情があって通学できない時には子供達は自宅で勉強しなければいけません。学校でも退屈に考えている子が自宅で自分から勉強するとは考えにくいです。となると自宅においても学校に近い環境を用意しないといけないでしょう。ある国においてはインターネットを通じて授業を受ける 教育の 仕組みが用意されています。毎日授業始まる時間が決まっていて、その時間になったら子供はパソコンの前に座らなければいけません。インターネットを通じて先生の表情を見ることができ、先生側からは生徒の顔の様子が見られるようになっています。質問などもインターネットを通じて行うことができます。

Page Top