前へ
次へ

教育実習で自分と向き合いながら成長

つい先日教育実習を体験したのですが、思うように授業を進めることが出来ませんでした。しかしながら、授業実習が終わった後には担当の先生が毎回、親身になって話を聞いてくれて、どのようにすればより良い授業を行うことが出来るかということを共に考えてくれました。反省をしたら改善をするということを繰り返していくと、自分が毎日成長することが出来ていることが分かるようになったのです。教育実習を通して自分自身とも、きちんと向き合うことが出来たと言っても過言ではありません。授業を何度も行っていく中で、生徒たちとのコミュニケーションがもっとも大切だということを教えられました。私は当初、自分が一方的に話を進めるという授業をしていたのですが、そのような授業の中では生徒が授業中に居眠りすることもあって、悲しい思いをしていたのです。その点に関しては、生徒たちと授業中に話をするようにしようと考え、積極的に話しかけることによって、さまざまな生徒たちと接することが出来るようになりました。

Page Top