前へ
次へ

教育実習で身に染みたこと

先日教育実習を体験したのですが、教育実習を通して自分なりの今後の課題などをしっかりと見つけることが出来ました。まず、自分自身が話をするときに、生徒たちを注目させることが出来なかったという課題が残りました。このことに関しては、自分が思った通りに生徒が動くはずだという慢心があったと思います。教育実習に行く前までは、授業は生徒たちと作るものと思っていましたが、実際に授業をしてみるとその思いを実現することは難しいということを思い知らされたのです。自分が先生になったらこのような授業を行いたいと思っていても、なかなかその通りに出来なかったので、教育実習が終わってから反省をしました。そして、生徒ひとりひとりとしっかりと向き合いながら、さまざまな面で接し方の工夫することを繰り返すことによって、良い授業を実現することが出来るのではないかという結論に至りました。今回は自分なりの課題を見つけることが出来たので、それをきちんと克服していきたいなと思います。

Page Top