前へ
次へ

転職を支援する給付には働く意思が必要

現在の勤め先で働きながら徐々に活動するタイプと、実質、失業となる退職してから転職活動するタイプに分かれます。
職業を変えることに戸惑うタイプは、とりあえず退職せずに求人情報を要チェックして機会を伺います。
再就職先を探すときに、特別な技術や資格を持っておいたほうが有利ですから、技能習得手当・寄宿手当で、受講してみましょう。
また、応募する会社に適したスキル・キャリアアップは転職に有利です。
教育訓練給付により、手厚く支援してもらいましょう。
また、広域求職活動費がもらえます。
職業紹介の安定所経由で、広範囲に求職活動をする場合、交通費と一泊の宿泊料がもらえます。
また、退職してからは失業手当をもらいながらの活動です。
基本手当をもらっている最中、次の就職先が決まったら、基本手当の残日数に応じて再就職手当や就業手当がもらえます。
就職が決まったために引っ越しをする場合にも、移転費や着後手当がもらえるなど、求職者給付には失業している以上に、「働きたい」という意思が必要なのです。
だからこそ、給付期間にも求人募集の会社に面接に行く、そうした活動が必要なのです。

Page Top