前へ
次へ

高校の通信教育の方法が変化している

中卒後に就職をしたが勉強したい人、既に社会人になっているが高校の勉強がしたい人などに対して通信教育で学べる高校が用意されています。一般的には私立高校が良く知られていますが実は公立高校もあり授業料は公立高校の方がかなり安くなっています。ただ卒業できる人に関しては私立の方がしやすいようで公立高校はなかなか卒業するのが難しいとされています。通信制高校の役割が変化してきているのに対して私立の学校がうまく順応しているからかもしれません。通信制高校を利用する人は働きながら勉強したい人もいますが、不登校などを理由として学校に通いたくない生徒がかなり増えています。働きながらの人は時間の使い方がうまく、あまり面白みのないテキストなどでもきちんと勉強します。一方不登校などを理由としている生徒は時間があるものの興味のないことだと勉強をしません。私立の通信教育においては動画配信による授業や通学のある授業、高校以外に仕事を学べるなど生徒の興味を引き出して楽しく学べる仕組みを用意しています。

Page Top