前へ
次へ

夢のない仕事で残業が苦なら転職を考える

労働基準法では1日の労働時間が8時間と決められています。
就業規則に労働時間を定めるときはこれを超えないよう決めなければいけません。
では1日8時間以上仕事をしていない人ばかりかというとそうではないでしょう。
別途協定を結べば残業や休日労働を課せるようになっていて、労働者は雇用者の指示の元で仕事をしなければいけません。
自営業者は労働基準法に関係なく自分の好きな時間働いていいようになっていますが、好きな仕事なら別に休みはいらないかもしれません。
仕事をするのは給料を得るのが目的かも知れませんが、それ以外にいろいろな夢を持っている人もいるでしょう。
その夢をかなえるために残業等を頑張れるならいいですが、夢のない仕事で残業が多いなら転職をした方が良いかも知れません。
仕事を楽しくできない状態で長時間働くとどんどん体が消耗して過労状態になってしまいます。
転職をするときにはできるだけ楽しめる仕事を選び、残業時間などがどうなっているかも確認しておきましょう。

Page Top